クラミジア性尿道炎の原因 についての記事一覧 | 男性のクラミジア性尿道炎の原因って?

HOME » クラミジア性尿道炎の原因

クラミジア性尿道炎の原因

泌尿器科での相談

性病は泌尿器科でも治療可能

排尿時の痛みなどクラミジアに感染したかもと思う症状で悩んでいる方もおられるでしょう。
このときは病院で治療をするわけですが、何科に行けばいいか迷いますよね。
クラミジアは性病になるため、性病科は主な相談先となります。
しかし自分の生活圏に性病科の病院が見つからないこともありますし、性病科を選びたくない場合もあるでしょう。
性病科へ通院すると、性病に感染していると周囲にばれやすくなるのですね。
そんなときは泌尿器科での相談も考えてみるといいです。
こちらでも性病の治療ができる場合も多いのです。
泌尿器科での相談 の詳細へ

泌尿器科での検査

行われる検査について

泌尿器科が診ているのは直接患部を診るのが難しい尿に関係する臓器となるため、なにか気になる症状があって病院を受診したときには検査が行われることも多いです。
この検査とはどんなものか、気になっている方も多いでしょう。
泌尿器科の検査は痛いという話を聞いた方もおられるかもしれません。
痛い検査が行われるなら、せめて気持ちの準備はしておきたいですよね。
泌尿器科での検査 の詳細へ

喉にかかるクラミジア

クラミジアは喉にも注意

クラミジアといえばよくある性病で患者数も多いのですが、その感染部位は陰部とのイメージが強いでしょう。
正確にいうと尿道や膣の奥の部位が感染部位となるのですが、このような陰部の周辺が感染部位になるのは性病の典型です。
クラミジアも例外ではなく、やはり陰部周辺はよくある感染部位となっています。
喉にかかるクラミジア の詳細へ

男性のクラミジア

男性は女性にくらべるとやや性感染症に対する意識が低いと言われていますが、男性も性感染症のリスクは同じくらいありますので、しっかりと知識を入れておきましょう。
そこでここでは性感染症の中でも特によく知られているクラミジアについてお話していきますので参考にしてください。
男性のクラミジア の詳細へ

クラミジアの感染力

クラミジアは性感染症の中でも非常にポピュラーで名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、感染する人の多くはたまたま受けた性病検査で分かることがほとんどだと言われています。
なぜよく知られている性感染症にも関わらず、なかなか分からないのかと言うと、これにはいくつか理由があります。
クラミジアの感染力 の詳細へ

クラミジアの治療法

男性・女性どちらも性行為に及ぶときには性感染症に注意しなければなりませんが、性感染症の中でも特に知名度が高いのはクラミジアではないでしょうか?
クラミジアは淋病と並んで感染する可能性の高い性感染症で、基本的に空気感染することはありませんから、感染経路は性的なコミュニケーションによってのみです。
クラミジアの治療法 の詳細へ

クラミジアは再感染する?

性感染症の中でもクラミジアは比較的よく知られており、名前だけなら耳にしたことがある人も多いと思いますが、クラミジアはどのような特徴を持っているかご存じでしょうか?
おそらくこれを読んでいるほとんどの人が性行為によって感染することをイメージしているでしょう。
これは間違いではありませんが、性行為=セックスとイメージしている人は注意が必要です。
クラミジアは再感染する? の詳細へ

パートナーが原因にもなる

クラミジアにかかってしまう人というのはどのような原因があるのでしょうか?
クラミジアは性感染症の中でも比較的よく知られているほうですし、性感染症=クラミジアというイメージを持っている人もたくさんいますが、感染する人は後を絶ちません。
これは日本全体が性感染症に対する知識が不足している証拠でもありますし、今後予防していくためにはどのようにすればいいのかきちんと理解しておく必要があります。
パートナーが原因にもなる の詳細へ

クラミジアの潜伏期間

性感染症の代表格と言えばクラミジアですが、これを読んでいる皆さんの中にはどれくらいクラミジアについて知識がある人がいるでしょうか?
日本はまだまだ性感染症に対する意識が高くないので、性感染症に対してあまり考えていない人もいますし、どのような感染経路でかかるのか、潜伏期間はどのくらいなのかしっかり覚えて欲しいと思います。
クラミジアの潜伏期間 の詳細へ

性行為が原因?

クラミジアの感染経路は性行為が原因になるということはよく知られていますが、性行為と言っても幅広いので、どこまでが感染の原因になるのか分からない…という人も多いと思います。
そこで今回はクラミジアはどのようにしてかかるのか、その原因をしっかり説明していきたいと思いますし、予防するうえで大切なことをお伝えしていきますので現在性感染症の不安を抱えている人やパートナー・配偶者のいる人は参考にしてください。
性行為が原因? の詳細へ