クラミジア性尿道炎の原因 についての記事一覧 | 男性のクラミジア性尿道炎の原因って?

HOME » クラミジア性尿道炎の原因

クラミジア性尿道炎の原因

性病の予防

怖いクラミジア性尿道炎

クラミジア性尿道炎にかかってしまった場合、そのままにしておけばさらに症状は進行していき、深刻な結果になる可能性は高いです。

まずクラミジア性尿道炎を発症するきっかけは性交渉によるもので、これはセックスだけでなくオーラルセックスも含まれますから、セックスしていないから感染しないというのは大きな間違いです。

すでにクラミジアに感染している人とディープキスやオーラルセックスをすれば当然リスクは高まりますし、口から喉へ菌がいって咽頭炎を発症することもあります。

また、クラミジア性尿道炎をそのまま放置しておくと、前立腺炎や副睾丸炎にかかるリスクも高くなりますので早い段階での治療が重要になります。

クラミジア性尿道炎の怖いところはあまり自覚症状が出てこないところで、少し残尿感があるな…とか違和感があるな…というくらいで放置してしまうことも少なくありません。

しかしそのちょっとした変化が病気へ繋がってしまうので、変化を見逃さずに心当たりがあるなら泌尿器科を受診してほしいと思います。

性病の予防 の詳細へ

性病の治療費

性病の治療は早めにしておこう

性病は一度かかってしまうと自然治癒することはありませんので、そのまま放置しておけばどんどん症状が進行していき、悪い状態になる一方です。
たとえば一般的に良く知られているクラミジアは性交渉によって感染するもので、一度感染すれば尿道から前立腺、精巣へとどんどん感染していきます。
潜伏期間は1日~とかなり早い段階からで、クラミジア性の尿道炎を発症していると排尿痛などの自覚症状が出てくることもありますので、その段階で治療をしておくことをおすすめします。
ただ、クラミジアはもともと自覚症状を感じにくい性感染症で、尿道から前立腺へ菌が移行していくと以前まで感じていた自覚症状を感じにくくなり、自然治癒したかもしれないと勘違いすることがあります。
しかし繰り返し言いますが、クラミジアは自然治癒することはありませんので、もし少しでも自覚症状があるならすぐに泌尿器科を受診して適切な治療を受けてください。

気になる治療費はいくら?

クラミジアなどの性感染症にかかってしまった場合、気になるのが治療費ですが、これは一般的にどのくらいかかるのでしょうか?
ここでポイントになってくるのが保険適用かそうでないかという点で、保険適用で治療ができる場合はだいたい検査に3.000円~5.000円程度、保険適用外で治療する場合は8.000円~10.000円程度かかります。
ここにプラス抗生物質を処方してもらわなければいけませんので、薬代がかかります。
早い段階で治療をスタートできれば当然治療期間も短くなりますから楽ですし、お金もかかりません。
クラミジアが尿道に潜伏している状態であれば、抗生物質も届きやすいですから、早ければ2週間程度で完治します。
逆にまったく気付かないまま1年程度経過しているようなケースもあり、そうなると最大で2か月程度かかることもあります。

評判のいい泌尿器科を探そう

クラミジアなどの性病の治療をする泌尿器科もほかの診療科と同様に評判のいいところを選んだほうが良いですから、できるだけ情報収集をしてください。
最近ではインターネット上にいろいろな病院の評価が記載されているサイトもありますし、そこに実際に受診した人の口コミやどれくらいの治療費がかかったのか書いている人もいます。
そういった情報を参考にしながら、自分にとって最適な治療ができる病院はどこなのか見極めて、できるだけ早く完治させましょう。

喉の感染

喉の感染

性病というと性器で感染する病気というイメージも強いかもしれませんが、そこ以外でも性病は感染します。
その部位の一つになっているのが喉です。
男性の性器にクラミジアが感染するとクラミジア性尿道炎となりますが、喉に感染すると咽頭クラミジアとなり、また別の症状が現れます。
気になるのはその症状だと思いますが、これはあまり強い症状が出ないのが特徴です。
もし症状が出る場合、喉の痛み、違和感、微熱など、軽い風邪のような症状となります。
喉の感染 の詳細へ

性感染症の検査

性感染症の検査

性感染症かなと思う症状や出来事があったり、この病気になっているのではと不安だったりするときは、検査を受けてみるといいです。
治療前の診断のために行われることも多いですし、個人的に興味があって受けるのもOKです。
どんな検査になるかというと、男性のクラミジアの検査なら比較的簡単な検査となることが多く、尿検査かうがい液の検査となることが多いです。
尿検査については受けたことがある方も多いですよね。
検尿のためのカップを渡されますから、トイレで尿をカップにとり、検査容器に尿をつめてから提出します。
提出先の方で尿を調べ、クラミジアが調べられるのです。
性感染症の検査 の詳細へ

知っておきたい感染経路

クラミジアにはどこでかかる?

男性のクラミジア性尿道炎とは性病の一つとなり、どこかで病気をもらうとなります。
その感染経路について知っておくことがこの病気の予防や早期発見につながりますから、よく確認しておくといいでしょう。
主な感染経路は性的な行為となります。
まず直接の性行為はもちろん感染経路となります。
クラミジアは男性だけが感染する病気ではなく、女性も感染します。
陰部にクラミジアを持っている女性と性行為をすると男性の尿道にクラミジアが入り込み、潜伏期間ののちにこの尿道炎が発症するのです。
相手がクラミジアを持っているかどうかが大事なのですが、実は女性の場合、クラミジアに感染しても症状が出ないことが比較的多いです。
そのため相手の女性も自分がクラミジアを持っているとはまったく思っておらず、性行為に及んでしまうというケースもよくあります。
このような性行為によるものが主な感染経路の一つになっていますから十分に気をつけてください。
知っておきたい感染経路 の詳細へ

性病の自覚症状とは

性病の自覚症状

性病になったらどうなるのか気になる方は多いでしょうし、もし仮になったとしたら早めの治療が大事です。
そのためにも性病になったときの自覚症状を知っておくといいです。
代表的な性病となるクラミジアの場合でどんな自覚症状が出るのがご紹介しましょう。

男性の性器の症状

性病の典型的な感性部位は性器となりますが、男性の性器がクラミジアに感染すると尿道炎が起こります。
これは尿道で炎症が起こる症状となるのですが、もしそうなった場合の自覚症状はいくつかあります。
まず排尿時の痛みや違和感です。
これまでおしっこをするとき、特に気になる症状はなかった方が大半だと思いますが、性病に感染するとおしっこのときに痛い、何か違和感があるといった症状が出ます。
おしっこは一日に何度もしますから、そのたびに不快な症状が出て気になることも多いでしょう。

このほか、尿道のかゆみ、不快感といった症状もあります。
男性の方で普段尿道の感覚を気にしたことがある方は少ないでしょうが、この自覚症状が出ると、尿道の位置がかゆい、何となく気持ち悪いといった感覚となるのです。
ちなみに尿道は男性器の中を通っており、体の外に露出していませんから、かゆいからといってかけない部位になります。
そのことで余計に気持ち悪い症状となることも多いでしょう。
このほか、尿道から膿が出るといった症状もあります。
尿道の出口は普段おしっこが出る男性器の先端となりますが、ここから膿が出るのです。
おしっことも精液とも違うものが出たら、それは尿道炎による膿の可能性があります。
男性の性器が感染したときの症状はこのようになります。

女性の性器の症状

性病は男性でも女性でも感染する病気で、女性の性器もクラミジアに感染する可能性はあります。
このときに出る可能性がある症状とは、下腹部が痛い、排尿時や性交時の痛み、おりものの増加、不正出血といったものです。
これら症状に心当たりがある場合は、それはクラミジアの自覚症状の可能性もありますから注意してください。

自覚症状が出ない場合もある

クラミジアの自覚症状をご紹介しましたが、これらは必ず出るとは限りません。
症状が出ないこともあります。
男性でも自覚症状がない場合もあるのですが、どちらかというと女性の方が自覚症状が出ない場合が多いです。
そのためクラミジアにかかっていることに気づかず、感染を広げてしまうこともよくあります。
性病の種類によってはこのようなこともあるため、もし自覚症状に気づいたら早めに病院で治療を受けましょう。

泌尿器科での相談

性病は泌尿器科でも治療可能

排尿時の痛みなどクラミジアに感染したかもと思う症状で悩んでいる方もおられるでしょう。
このときは病院で治療をするわけですが、何科に行けばいいか迷いますよね。
クラミジアは性病になるため、性病科は主な相談先となります。
しかし自分の生活圏に性病科の病院が見つからないこともありますし、性病科を選びたくない場合もあるでしょう。
性病科へ通院すると、性病に感染していると周囲にばれやすくなるのですね。
そんなときは泌尿器科での相談も考えてみるといいです。
こちらでも性病の治療ができる場合も多いのです。
泌尿器科での相談 の詳細へ

泌尿器科での検査

行われる検査について

泌尿器科が診ているのは直接患部を診るのが難しい尿に関係する臓器となるため、なにか気になる症状があって病院を受診したときには検査が行われることも多いです。
この検査とはどんなものか、気になっている方も多いでしょう。
泌尿器科の検査は痛いという話を聞いた方もおられるかもしれません。
痛い検査が行われるなら、せめて気持ちの準備はしておきたいですよね。
泌尿器科での検査 の詳細へ

喉にかかるクラミジア

クラミジアは喉にも注意

クラミジアといえばよくある性病で患者数も多いのですが、その感染部位は陰部とのイメージが強いでしょう。
正確にいうと尿道や膣の奥の部位が感染部位となるのですが、このような陰部の周辺が感染部位になるのは性病の典型です。
クラミジアも例外ではなく、やはり陰部周辺はよくある感染部位となっています。
喉にかかるクラミジア の詳細へ

男性のクラミジア

男性は女性にくらべるとやや性感染症に対する意識が低いと言われていますが、男性も性感染症のリスクは同じくらいありますので、しっかりと知識を入れておきましょう。
そこでここでは性感染症の中でも特によく知られているクラミジアについてお話していきますので参考にしてください。
男性のクラミジア の詳細へ